?中小企業者の少額減価償却資産(30万円未満)の特例の
適用期限延長

(H23.2月号掲載)

Q

中小企業支援の一環として、中小企業者等が取得価額30万円未満の少額減価償却資産を取得した場合、全額損金算入できる制度が延長されたと聞きました。制度について、教えてください

受付
A

中小企業者等の少額減価償却資産の取得価額について年間300万円を限度として損金算入できる特例の適用期限が平成24年3月31日まで2年間延長されています。
      改正前 平成18年4月1日〜平成22年3月31日
      改正後 平成18年4月1日〜平成24年3月31日

[法人税関係]
[所得税関係]

所得税においても法人税と同様の制度が設けられています。

詳しいことは、税務の専門家である税理士にご相談ください(近畿税理士会 姫路支部)

http://www2.kinzei.or.jp/~himeji/