?更正の請求について

(H23.4月号掲載)

Q

平成22年分の所得税の確定申告書を提出しましたが、事業所得の経費が一部計上もれとなっていることに気付きました。「更正の請求」によって納付税額を減額できると聞きましたが、その内容についてご教示ください。

受付
A

 申告期限内であれば正しい内容に従って作成した確定申告書を再提出することにより、 後に提出した申告書が法定の申告書として取り扱われます。期限後になりますと、更正の請求をすることによって納めすぎた税金の還付を受けることになります。
 なお、更正の請求ができるのは申告期限から1年以内に限られていますのでご注意ください。

(注) 本原稿は、平成22年4月1日現在の法律等に基づいて作成しております。「平成23年度税制改正大綱」(原稿作成時現在、閣議決定)により更正の請求期間を5年に延長する案もございますので、今後の税制改正の動向にご留意ください。

詳しいことは、税務の専門家である税理士にご相談ください(近畿税理士会 姫路支部)

http://www2.kinzei.or.jp/~himeji/