?復興特別所得税(源泉所得税)について

(H24.12月号掲載)

Q

平成25年1月1日から25年間、所得税額に対して2.1%の復興特別所得税が 課税されますが、源泉徴収義務者においてはどのように源泉徴収すればよいでしょうか。

受付
A

平成23年12月2日に東日本大震災からの復興のための施策を実施するために必要な財源の確保に関する特別措置法が公布され、これにより、所得税の源泉徴収義務者は、平成25年1月1日以後に生ずる所得について源泉徴収を徴収する際、復興特別所得税を併せて徴収し、源泉所得税の法定納期限までに、その復興特別所得税を源泉所得税と併せて国に納付することとされました。

<解説>
○源泉徴収すべき復興特別所得税の税率

源泉徴収すべき復興特別所得税の税率は2.1%ですが、復興特別所得税の源泉徴収は、 所得税の源泉徴収の際に併せて行うこととされていますので、所得税率に102.1% を乗じた合計税率により源泉徴収すべき所得税及び復興特別所得税の額を算出します。 

          ひょう○年末調整

所得税の年末調整をする源泉徴収義務者の方は、平成25年から平成49年までの各年分 においては、源泉徴収した所得税と復興特別所得税の合計額により年末調整を行うことにな ります。

☆確定申告☆

平成25年から平成49年までの各年分の確定申告については、所得税と復興特別所得税 を併せて申告しなければなりません。また、所得税と復興特別所得税の申告書には、基準 所得税額、復興特別所得税額等一定の事項を併せて記載することになります。

       

詳しいことは、税務の専門家である税理士にご相談ください(近畿税理士会 姫路支部)

http://www2.kinzei.or.jp/~himeji/