?知らなきゃ損する税のお話 
相続時精算課税贈与の概要

(H25.7月号掲載)

Q

生前贈与をする場合に、控除額が大きい贈与と小さい贈与があるそうですが、控除額が大きい贈与について教えてください。

受付
A

贈与には、控除額が110万円の一般的な贈与である暦年課税贈与と、控除額が2,500万円の相続時精算課税贈与とがあり、ご質問の贈与は相続時精算課税贈与に該当します。

解説

暦年課税贈与の贈与財産は、生前に贈与すれば贈与した者が死亡した場合でも、相続財産とは切り離され、相続財産に含められない(例外的に死亡前3年前の贈与については含められます。)のですが、相続時精算課税贈与とは名称のとおり、生前に贈与をした人が亡くなられた場合、贈与した財産も相続財産に含めて相続税を計算するというものです。

これは暦年課税贈与と違って、相続時精算課税贈与は相続財産の前渡しと考えて控除額を2,500万円と大きくし、上の世代から下の世代へ財産の移転を容易にしようという趣旨で設けられました。ただし特殊な贈与の形態ですので、どのような場合でも適用を受けられるものではなく、次のような適用要件・特徴があります。

<適用要件>

(注1)平成27年1月1日以後の贈与については、要件が緩和される予定です。

<特徴>

詳しいことは、税務の専門家である税理士にご相談ください(近畿税理士会 姫路支部)

http://www2.kinzei.or.jp/~himeji/