?知らなきゃ損する税のお話 
新しく始まるNISA(ニーサ)とは、どのような制度ですか?

(H25.12月号掲載)

Q

新しく始まるNISA(ニーサ)とは、どのような制度ですか?

受付
A

NISA(ニーサ)とは、少額投資非課税制度の愛称で、上場株式や株式投資信託な どへの投資から得られる配当等や譲渡益が一定額非課税となる制度です。

解説

現在の証券優遇税制である 10%軽減税率(所得税 7%、住民税 3%)は、平成 25年 12 月 31日をもって廃止され、平成 26年 1月 1日以後は、 20%(所得税 15%、住民税 5%) の税率が適用されます。さらに、上記所得税と併せて復興特別所得税(平成 25年 0.147%、 平成 26年以後 0.315%)も課税されます。

NISAとは、平成 26年 1月 1日から適用される少額投資非課税制度で、金融機関でNISAの非課税口座を開設し、その非課税口座内において、新規購入分を対象に上場株式 や株式投資信託などに係る配当等や譲渡益が、非課税となる制度です。購入できる金額は 年間 100万円まで、非課税期間は最長 5年間です。

<対象者>

満 20歳以上の日本国内居住者等(口座を開設しようとする年の 1月 1日現在)

<口座開設>

1人につき 1つの金融機関(証券会社や銀行、郵便局など)でのみ申込み・開設が可能 です。口座開設可能期間は、平成 26年 1月 1日から平成 35年 12月 31日までの 10年 間、申請手続は、平成 25年 10月 1日から開始されています。

現在、特定口座や一般口座で保有している上場株式や株式投資信託などをNISA口 座に移すことはできず、平成 26年1月1日以後、新たな資金で購入する必要があります。 また、口座を開設すると、最長4年間は、他の金融機関に変更することはできません。

<対象商品>

上場株式、ETF(上場投資信託)、REI T(不動産投資信託)、株式投資信託など。

<非課税の利用限度額・利用期間>

非課税の利用限度額は、上場株式や株式投資信託などの買付代金(手数料等は含まず) として年間( 1月 1日から 12月 31日) 100万円です。

投資可能期間は、平成 26年 1月 1日から平成 35年 12月 31日までの 10年間ですが、 非課税の利用期間は最長5年間です。つまり、非課税の投資総額は最大 500万円( 100万 円×5年間)となります。

※その年の非課税の未使用枠を翌年に繰り越して使用することはできません。
 また、損益通算や損失の繰り越し控除( 3年間)はできない等の制約もあります。

詳しいことは、税務の専門家である税理士にご相談ください(近畿税理士会 姫路支部)

http://www2.kinzei.or.jp/~himeji/