?確定申告と還付申告

(H27.2月号掲載)

 

H26年1月1日からH26年12月31日に所得のあった人の確定申告の期間はH27年2月16日(月)から3月16日(月)となっています。医療費控除、住宅ローン控除など納めすぎた税金を還付してもらうための還付申告もあります。還付申告はH27年1月1日からスタートし、原則として、過去5年間にさかのぼって申告することができます。

受付
Q1.確定申告が必要な人ってどんな人ですか?
  • 個人事業(農業・サービス業等)を営んでいる人
  • アパートや駐車場を所有し賃貸していて不動産所得がある人
  • 給与所得がある人の中で
    • 給与収入が2,000円を超える人
    • 給与を1ヶ所から受取っていて、他の所得の合計が20万円を超える人
    • 2ヶ所以上から給与を受け取っていて、年末調整を受けていない給与とその他の所得の金額が20万円を超える人
  • 同族会社の役員、親族等で給料の他にその同族会社から家賃収入、貸付利息等の支払を受けている人(金額が20万円以下でも申告)
  • 株式の配当金や投資信託の分配金をもらった人
  • 株式等・不動産関係・ゴルフ会員権を売却した人
  • 外貨預金で為替差益があった人
  • [満期保険金-支払保険料]が50万円を超える人や賞金や懸賞当選金を得た人
  • 年金を受け取っている人。ただし、公的年金等の遺族年金や障害者年金、母子年金は非課税なので申告不要です。また、公的年金等の収入金額が400万円以下で公的年金等に係る雑所得以外の所得金額が20万円以下の人も申告は不要です。
  • 退職所得があった人の中で「退職所得の受給に関する申告書」を提出してない人
Q2.確定申告で還付申告ができる人ってどんな人ですか?
  • 医療費控除を受ける人(生計を一にする親族が年間に支払った医療費合計が10万円を「年間所得が200 円未満の人は年間所得金額×5%」超える人)
  • 雑損控除を受ける人(地震、火事などの災害や盗難等の被害を被った人)
  • 寄附金控除や寄附金特別控除を受ける人(ふるさと納税やNPO法人などの特定の団体に寄附 をした人)
  • 年末調整で生命保険料控除、社会保険料控除、小規模企業共済等掛金控除等の所得控除を受け忘れたり、年末調整後に扶養家族が増えた人
  • 住宅借入金等特別控除を初めて受ける人(2年目以降は年末調整で可能)
  • 1年の途中で退職して年末調整をしていない人
Q3.確定申告しなければならない人が申告納税しないとどうなりますか

確定申告しなければならない人が申告納税しないと納付すべき所得税に『加算税』や『延滞税』などの税金が加算されます。必ず期限内に確定申告しましょう。

詳しくは各自治体ホームページなどでご確認ください。

詳しいことは、税務の専門家である税理士にご相談ください(近畿税理士会 姫路支部)

http://www2.kinzei.or.jp/~himeji/