税理士の仕事について
税理士は税務の
専門家です
【税理士の使命】
税理士は、税務に関する専門家として、独立した公正な立場において、申告納税制度の理念にそって、納税義務者の信頼にこたえ、租税に関する法令に規定された納税義務の適正な実現を図ることを使命とする
税理士は以下のような業務を行っています
  税理士業務
 税務代理業務
個人や企業の所得税・法人税・消費税・相続税・贈与税等について、税務代理し、税務調査に立ち会うこと等を通じて納税者の権益を保護します
 税務書類の作成
個人や企業の税務署等に提出する確定申告等を納税者に代わって作成します
 税務相談
所得税・法人税・消費税・相続税・贈与税等の税に関する様々な問題について気軽に相談に応じます
 「にせ税理士」にご注意を
税理士業務は税理士の資格のある者だけが出来ます
税理士は税理士証票という身分証明書をもち、税理士バッチをしています
「にせ税理士」が甘い誘いをかける場合があります
納税者の社会的信用保持等のため「にせ税理士」にはくれぐれも注意しましょう
  会計業務
 会計顧問業務
個人や企業の会計帳簿や財務書類の作成に関して相談に応じ、さらに指導を行います
 記帳代行業務
納税者の提示した資料等に基づき、納税者に代わって総勘定元帳や試算表等の会計帳簿を作成します
 決算書類作成業務
納税者の提示した資料等に基づき、納税者に代わって決算書類の作成を行います
  その他の業務
税理士は以上に述べた税務会計に関する業務はもちろんのことですが、納税者においては、最近では事業経営の貴重な相談者として税理士に対する期待が高まってきています
我々税理士は経営に対するよきアドバイザーとして経営相談等に積極的に応じることにより、中小企業等の事業経営のさらなる発展に寄与したいと考えています